サンピコごうつ

WEBサイトへ

サンピコごうつ サンピコごうつ

9号線沿い・江津の新たな憩いスポット

しまね海洋館アクアスから9号線を東に約30分、石州瓦の赤い屋根が目印の、道の駅サンピコごうつ。銀山への観光、海水浴場への行き帰りなど、ドライバーの方々や地域の皆さんの憩いの場として利用されています。

旬の産物

新鮮とれたて海の幸・山の幸がいっぱい

海・山・川のおいしい恵みを「海彦・山彦・川彦(サンピコ)」の三つのキャラに託し、バラエティにとんだ江津の幸をお届けしています。店内には地元農家が提供する旬の産物がズラリ。県外からのお客様も加わり活気もひとしおです。また、産品には生産者の情報を記載したシールが貼られるなど細かい配慮も行き届いています。

 

<主な名産品>
ごぼう、さといも、桑茶製品、まる姫ポーク、猪加工品、ごぼうコロッケ、さば寿司、もっそう、板わかめ、鮎、かまぼこ、石見焼、石見神楽面・笛、石州瓦、勝地半紙

ミラノ亭

江津の食材を活かしたテイクアウトはいかが

店内にあるテイクアウトブース「ミラノ亭」では石見和牛のステーキ弁当などを、隣の揚げ物茶屋「住京」では江津のおいしいごぼうを使ったごぼちくや魚コロッケなどの揚げたての練り物を購入できます。

工芸品

花と緑と水でおもてなしの演出

食品の他にも工芸品、お花も豊富に取り扱っています。またエントランスには「ビオトープ」の一環として、川魚や金魚、メダカを飼育している鉢が並べられ癒しの雰囲気が醸し出されています。

洒落なトイレ

ぜひ利用したいお洒落なトイレ

トイレの綺麗さ・気持ちの良さもおそらくピカ一でしょう。石見焼を使った洗面台もお洒落。コーナーに活けられた花はスタッフの心づくしの演出です。

駅長メッセージ

 

佐々木駅長サンピコごうつは道の駅としては比較的新しく、発足した当時は産直品を少しづつ取り扱うなど試験的な試みで参りましたが、今では出品する会員数も増え「地産地消を商う拠点」として地元に根をおろしています。お陰様で県外からのお客様も多く、従事するスタッフの主体的な取組も上がってくるなど良い効果が現れていると思います。今後とも江津の新鮮な逸品を数多くご紹介して参りますので、産直スポットとして、地域の憩いの場として、ぜひご利用下さい。

佐々木駅長
所在地 島根県江津市後地町995-1
アクセス 山陰道(江津道路)江津ICから国道9号を松江方面へ約11km(約15分)
営業時間 物販施設:09:00~18:30
お問い合せ 
TEL0855-55-3151
休館日
毎週 木曜日
トイレ  23箇所 身障者用2箇所
駐車場  普通車50台、大型車10台、身障者用2台
スポット 有福温泉、温泉リゾート風の国、しまね海洋館アクアス、今井美術館、水の国、 菰沢公園オートキャンプ場、椿の里、(小川家)雪舟庭園、海水浴場(波子・黒松)、 石見海浜公園、千丈渓、観音滝、天領江津本町甍街道、柿本人麻呂万葉歌碑 他
設備 設備

ドライブステーション舞乃市

隣には神楽の郷 舞乃市

サンピコごうつのすぐお隣には「ドライブステーション舞乃市」があります。コンビニ、ガソリンスタンド、そしてイベントスペースでは定期的に石見神楽の上演も行われます。

大黒食堂

食事の後はお土産探しも楽しい

フードコーナーは、ゆったりとしたセルフ食堂(大黒食堂)、海鮮たこやき、麺やオロチが。また島根の特産品とお土産品が広い店内に所せましと並ぶ恵比寿市場が併設されていてとっても便利です。

オロチラーメン

オロチラーメンにトライしよう!

舞乃市の人気といえば海鮮たこやきと並んで麺やオロチの『オロチラーメン680円』。こってりとした豚骨ベースにピリカラのトッピングがマッチして、辛いけどウマイ…(激汗)!食べてみるべし。

所在地 島根県江津市後地町3348-113
営業時間 大黒食堂(セルフ式食堂):07:00~21:00
セルフスタンド・コンビニエンスストア・恵比寿市場(一部除く):24時間営業
お問い合せ TEL.0855-55-1155 FAX.0855-55-1180
駐車場  普通車100台 大型車20台
設備 コインランドリー、シャワー室あり、宝くじ、ロト・ナンバーズ販売 
スポット情報をご利用にあたって

記載情報の正確性については、可能な限り配慮しておりますが、それを保証するものではございません。 情報が変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず事前に各施設にご確認ください。 情報に誤りを発見された場合は、お手数をおかけいたしますが こちらにご連絡ください。


石見の自然
石見のグルメ
石見のイベント
石見の温泉
石見の歴史

[`evernote` not found]

コメントをお寄せください

新着トッピックス 石見の銀山 郷土石見 銀の道ウオーク いわまが

破線


▲このページのTOPへ