石見神楽



神事舞・儀式舞 

神楽 (かぐら)

「ちはやふる、玉の御すだれ巻きあげて、神楽の声を聞くぞうれしき」(神前のすだれを巻き上げて神楽をきくのはうれしい)と、神の立場でうたいながら一人で舞います。

神塩祓い (しおはらい)

神事舞で、衣装は烏帽子・狩衣に、右手に鈴を、左手に榊の枝を持って東西南北、四方を清めながら一人で舞います。

帯舞 (おびまい)

帯を持って舞います。帯を持つわけは、応仁天皇(八幡神)の誕生にあたり、天より白幡四流と赤旗四流が天下り、神々が祝ったという伝説に基づいたものと言われます。

神迎 (かんむかえ)


東青・南赤・西白・北黒の「方位と色」を表す四人が登場し、「降りたまえ、降り居の庭には、綾を敷き、錦を並べ、御座と踏ましょや」(「神よ、降りたまえ、降りられる場所には綾をしいて、錦をならべ、神の座としてお待ちします」)と唱えながら、四方を順に巡りながら神楽を舞う舞台に神をお迎えする儀式舞です。

四神 (よじん)


幣・鈴・扇を持って舞い、四方の神々を勧請するもので、弊は竹の部分の無い幣を持って舞うことから、一名「笠の手」ともいう。

四剣 (しけん)


四人がたすきがけをして、左手に剣、右手に鈴を持って舞います。「出雲には 神はあれども 鈴がない土器鈴で 神遊びしょうや」の神楽歌、囃子に合わせて東西南北中央の神々を静め、舞殿を清める儀式舞です。

天蓋 (てんがい)


小天蓋に結びつけた綱を手に取り、天蓋を引き動かします。その綱の引き方によって天蓋は上下、左右、前後にと揺れ、あたかも神の降臨を伺わせる儀式舞です。

神祇太鼓 (じんぎだいこ)


太鼓、小太鼓、手拍子と笛を交えて振るやかに演奏しながら、神の降臨を願います。神を迎えると囃子によって神を慰めようと方言を交えた台詞でうたいます。

[`evernote` not found]

コメントをお寄せください

ピックアップコンテンツ

破線

新着トッピックス 石見の銀山 郷土石見 銀の道ウオーク いわまが

破線


▲このページのTOPへ