石見神楽

ふるさとの記憶

石見神楽の魅力を徹底紹介!

島根県の西部を石見(いわみ)と呼び、その中でも浜田地域は県内でも特に神楽熱が高いところです。神楽は遠く江戸時代には神職による神事でしたが、明治初期に、土地の人々 に受け継がれました。明治十年代に浜田を中心に改変された神楽が好評だったことから、活発で斬新な神楽がつくられていきます。以後、石見神楽では様々な演出の工夫が重ねられてきました。歌舞伎芝居をヒントにした華美な刺繍の衣装や、花火・硝煙などを取り入れた、「見て楽しい神楽」としても人々の人気を集めています。

 

また、浜田の石見神楽は大太鼓、小太鼓、手拍子、笛を駆使した「八調子神楽」と呼ばれるテンポの早い系統のものが多いのが特徴です。また、厳かで優雅な中に、素朴な方言や民謡的な要素が盛り込まれた口上で独特の香りを醸し出しています。

一夜の神楽の全体構成は、まず序盤に神を迎えるいくつかの儀式舞が続き、中盤から鬼が登場する鬼舞が中心になります。これらの神楽には悪鬼退治のような演目が多いのも特徴と言えます。その内容はだいたい『古事記』・『日本書紀』の神話を題材としたものですが、近年では新作として土地に根づいた歴史的な逸話を題材にした演目も盛んに演じられています。

石見神楽面や、大蛇の蛇胴(じゃどう)は、強靭な楮(こうぞ)半紙(石州和紙)で作られた浜田地方の特産品で、石見地方から広島にかけての数多くの神楽団体に愛用されています。

神楽を知る

そもそも「神楽」とは…

神楽の語源は神霊を迎える座、「かみくら(神座)」が転じたものと言われています。

 

古来、神は人々の暮らしとともにありました。山や海、自然現象など、人知の及ばないものに対する素朴な崇敬の気持ちが神をつくり、人々は神の霊力を授かるために「神座」に迎えて宴を催しました。その宴で催される芸能が「神楽」のもとではないかといわれています。

神楽イメージ

奉納神楽がおもしろい

石見地方では、秋になるとあちこちの神社で奉納神楽が演じられます。薄明かりの境内に溢れる地元の人々の熱気が、イベント公演にはみられない独特の雰囲気を醸して、いつのまにか神代の世界に引き込まれていきます。

 

奉納神楽は夜を徹して行われます。防寒の毛布やジャケットなどに加えて懐中電灯なども準備したいものです。また、長時間の鑑賞になるので、飲み物や食べ物の準備も必須です。

神楽イメージ

まずはお参り

お宮についたら、まずは本殿に向かって神様にあいさつ。
石見地方では、ほとんどのお宮は二礼二拍手一礼が作法です。

花を打つ!?

鑑賞の謝儀(御祝儀)を差し出すことを、「花を打つ」といいます。額の決まりはありませんが、概ね三千円程度が相場でしょう。花を打つと幕間に御花披露として名前を読み上げ、無病息災と商売繁盛などの御祈祷をしてもらえます。

いわまが

石見の自然
石見のグルメ
石見のイベント
石見の温泉
石見の歴史

[`evernote` not found]

コメントをお寄せください

ピックアップコンテンツ

破線

新着トッピックス 石見の銀山 郷土石見 銀の道ウオーク いわまが

破線


▲このページのTOPへ