石見のグルメ  野菜



石見の「野菜」とは

豊かな自然を大切にしたい

石見地方には大規模な農業ができない山間部が多く、少ない生産でも安心して食べられる付加価値のある農作物を育てようとしています。9月、10月の週末にはいたるところで産業祭や野菜市などが開かれています。ぜひ地元で新鮮な野菜をたべてみてください。


石見の代表的な「野菜」



益田のトマト

太陽の恵みを たっぷり受けて育った、 熟しても実が締まって果肉のくずれない、 甘い、みずみずしいトマト

「トマト」とは?

4月から6月の山陰地方は、名前から受ける印象に反して全国で最も日照の多い地域です。太陽の恵みをたっぷり受けて育った、熟しても実が締まって果肉のくずれない、甘い、みずみずしいトマトです。今年(平成23年)の2月に益田産トマトを丸ごと1個使用したトマトジュレが完成しました。「真っ赤な益田SUNトマトジュレ」は、ゼリーの甘みとトマトの酸味とのバランスが絶妙な一品です。その他にも、パンに合うふりかけとして「真っ赤な益田SUNトマトふりかけ」の試作や、"トマトを使った丼めしコンテスト"の開催など、益田SUNトマトは頑張ってます。




益田のトマトをいただくなら…
店舗名 JA西いわみ 詳しくはWEBサイトへ

ライン





えごま


健康に良い成分 (α-リノレン酸など)を多く含む 縄文時代の早期から 利用されていた食用油

「ケンボローハム」とは? 細やかな健康管理のもとで大切に育てた「芙蓉ポーク」を、防腐剤を使わず手作りで仕上げています。また健康を考えて塩分の使用も抑えて、やわらかくあっさりしつつも素材の旨味がギュッと詰まった、お子様から大人まで、幅広い層に人気のある畜産加工品です。


えごまをいただくなら…
店舗名 道の駅 インフォメーションセンターかわもと 詳しくはWEBサイトへ





ライン




匹見のわさび

山間高冷地の清流で育つ 匹見のわさびは、 辛味の中に甘味があり、 風味が強い逸品

「わさび」とは?

広葉樹林帯から湧く山間高冷地の清流で育つ匹見のわさび。わさびには、食材の味を引き立て、食味を良くし、味覚と嗅覚を刺激して食欲を増進させる食欲増進作用があります。辛味は唾液の分泌を促し、消化液の分泌を高め、食物の消化吸収を促進します。匹見のわさびは、辛味の中に甘味があり、風味が強い逸品です。生わさびはもちろん、「わさびしょう油漬け」、「わさび茶漬け」、「わさびふりかけ」などの味をお楽しみください。


匹見のわさびをいただくなら…
店舗名 JA西いわみ 詳しくはWEBサイトへ
店舗名 匹見峡温泉 詳しくはWEBサイトへ

ライン

吉賀町のヤーコン

ヤーコンは甘くしゃきしゃきした、 ナシの果実に近い食感の食材

「ヤーコン」とは?

ヤーコンは南米アンデス山脈地方原産のキク科の多年草です。根の部分がフラクトオリゴ糖を多く含み甘みがあります。甘くしゃきしゃきした、ナシの果実に近い食感を持っています。生食の他、お茶やクッキーなど様々な形で食されています。吉賀町で栽培したヤーコンを使用した「味菜ヤーコン」は、今イチオシです。


吉賀町のヤーコンをいただくなら…
店舗名 JA西いわみ 詳しくはWEBサイトへ
店舗名 道の駅 むいかいち温泉 詳しくはWEBサイトへ



石見の自然
石見のグルメ
石見のイベント
石見の温泉
石見の歴史

[`evernote` not found]

コメントをお寄せください

石見のグルメコンテンツ
ピックアップコンテンツ

破線

新着トッピックス 石見の銀山 郷土石見 銀の道ウオーク いわまが

破線


▲このページのTOPへ