石見のなかの銀山

「石見の銀山」とは


石見銀山か石見の銀山か

 

石見(大森)銀山が世界遺産として登録されたのは平成19年7月である。それ以降にわかに注目を集めるようになり、今も多くの観光客であふれている。しかし大森銀山(本当は佐摩銀山が正しい)を石見銀山と呼ぶことには違和感を持っている。石見銀山という場合は、あくまで石見に点在する銀山の総称であるべきと考えるからである。

 実は戦国期から江戸時代にかけて石見には多くの銀山が分布していたのである。それを示すもっとも古い資料は豊臣秀吉が毛利輝元に宛てた朱印状である。全国統一を目前にしたこの時期、秀吉はその実力を背景に石見の銀山を毛利家との共同経営としているが、その運上に関する文書である。

  

其方分領中、石見国先銀山之外、所々有之分銀子事、(以下略)

この中で、石見国先銀山は大森銀山を示しているが、その他に「所々有之」と書かれているように、この当時石見には他にも銀山が多数分布していたのである。この時に秀吉には銀300枚が届けられているが、文書にあるとおりこの銀300枚は大森銀山以外の銀山からの取り分である。

 

図は現存する最古の石見国絵図に記された久喜銀山である。この国絵図は天正年間(1590年頃)のものと考えられているが、大森銀山をはじめ石見に点在する多くの銀山が図示されている。

 
「くき銀山」は出羽郷の内に図示されている。銀山の前面を江の川の支流が流れており、ここに安芸の国に渡る橋が描かれている。この橋を渡った安芸側にはこの銀山に関係したであろう建物群が描かれており、毛利氏が支配していたことを強調しているかのようで注目される。出羽郷から久喜や大林・岩屋が村として成立するのは江戸時代初期である。したがってこの当時は岩屋・大林を含めて一つの銀山として認識されていたものと思われる。

 

鹿足郡には、江戸時代天領として「五カ所銀山」(日原・仲木屋・十王堂・畑ヶ迫・石ヶ谷)があったことが知られているが、この絵図には「五カ所のうち」として図示されている。このことからここでも江戸時代以前から銀の採掘が行われていたことを知ることができる。また江戸時代の絵図には出てこない「小野の銀山」という銀山も図示されているが、この銀山については「今はすたる」と記されており、この時期にはすでに採掘が行われなくなった銀山もあることを知ることができる。

 また益田川の中流域には「津もの銀山」が図示されており、「五ヶ所の外」と記されていて鹿足郡の銀山とは区別されている。近年まで銅山として稼働していた都茂鉱山の事であるが、ここもこの当時は銀山として認識されていたことがわかる。

 

このように戦国末期から近世にかけて、石見には多くの銀山が存在していたのであり、「石見銀山」はこれらの銀山の総称とすべきであると考えている。しかし世界遺産登録の関係で「大森銀山」と「石見銀山」が同一ものとして認識されている現在では、石見に分布する銀山の総称として、あえて「石見の銀山」という名称を使いたいと考えている。


[`evernote` not found]

コメントをお寄せください

石見の銀山研究レポート

破線

ピックアップコンテンツ
新着トッピックス 石見の銀山 郷土石見 銀の道ウオーク いわまが

破線


▲このページのTOPへ