エゴマ

エゴマとは

α-リノレン酸など健康に良い成分を多く含むことから<br />
食用油として注目されています

「えごま(荏胡麻)」は、シソ科の一年草です。東南アジアが原産とされ、日本ではインド原産の「ゴマ」よりも古く、縄文時代の早期から利用されていました。
「食べると10年長生きできる」といういわれから「ジュウネン」と呼ぶ地方もあるようです。

種子から絞った「エゴマ油」は、健康に良い成分(α-リノレン酸など)を多く含むことから食用油として注目されています。その他にも、えごまの粒を煎った「煎りえごま」や「えごまふりかけ」などもあり、香ばしい香りとともにいろいろな料理でその味を楽しむことができます。

石見の自然
石見のグルメ
石見のイベント
石見の温泉
石見の歴史

[`evernote` not found]

コメントをお寄せください

ピックアップコンテンツ

破線


▲このページのTOPへ
<