石見の醤油

石見の醤油とは

地方性をもつ醤油

日本の醤油には長い歴史があり、各地で独自の風味や味わいを持つ醤油が開発されてきました。日本農林規格(JAS)では、製造方法、原料、特徴などから、「こいくち」「うすくち」「たまり」「さいしこみ」「しろ」の5種類に分類されています。そして醤油は「しようゆ」と表記されています。また、醤油は長い歴史の中で、地方ごとの食文化に適したものが好まれながら作られてきたため、地方ごとに物性面・官能面の傾向が異なり、このような醤油の地方性は、地方の食文化と密接に関連したものであり、品質と直結して語られるものではありません。


石見地方の醤油の味

石見地方の醤油の嗜好は全国的には近畿地方および中国・四国地方としてくくられ、油の使い分けの伝統が極めて強い傾向にあります。

煮物や吸い物用には淡口醤油または白醤油を用い、食材の色と出汁の風合いを壊さないように調理することが良いとされる一方で、刺身用をはじめとするつけ・かけ醤油については、濃口醤油(またはたまり醤油)が使われます。とりわけ煮物・吸い物用の淡口醤油の需要が高く、俗に言われる「関西の薄味」の傾向となっています。

石見醤油を使ったおいしい調理法

のどぐろの煮つけ

石見地方の醤油の嗜好は全国的には近畿地方および中国・四国地方としてくくられ、油の使い分けの伝統が極めて強い傾向にあります。

煮物や吸い物用には淡口醤油または白醤油を用い、食材の色と出汁の風合いを壊さないように調理することが良いとされる一方で、刺身用をはじめとするつけ・かけ醤油については、濃口醤油(またはたまり醤油)が使われます。とりわけ煮物・吸い物用の淡口醤油の需要が高く、俗に言われる「関西の薄味」の傾向となっています。


のどグロの煮つけ

いか飯

冬場が旬のいかはの甘味のしみこんだいか飯はまた味わい深いものです。そんないかを使用したおいしい。

いか飯

石見の自然
石見のグルメ
石見のイベント
石見の温泉
石見の歴史


[`evernote` not found]

コメントをお寄せください

ピックアップコンテンツ

破線


▲このページのTOPへ
<