ウチワエビ

「ウチワエビ」とは??

食べごろ:10月~(早い時期に市場に出ることもあり)


へんてこりんな姿から<br />
想像できない上品な旨味。

団扇海老(ウチワエビ)。その名のごとく団扇のようにぺたっと平べったい身体からは、想像もできない甘い、上品な旨味に溢れたエビです。
50~150mの海底の泥底に潜み、ノドグロの底引き網で一緒に獲れます。最近ではグルメ番組や料理をテーマにした漫画等でも紹介され、その名も知れ渡っていますが、やっぱり伊勢エビ等と比べればその姿はどこか愛嬌あり。但しその身は伊勢エビに勝るとも劣らず旨い!

ウチワエビ

ウチワエビのおすすめの食べ方!

子どもに大人気なエビフライ

洋食シェフの味!子ども大好き「エビフライ」も ウチワエビならプリップリのおいしさ!
スーパー等でパックに入っているのを見つけたら、是非エビフライに挑戦してみてください。捌き方は刺身と一緒。剥き身に衣を付け揚げるだけ。マヨネーズでもいいですが、出来ればここは拘りひと手間かけて「タルタルソース」で召し上がってください。ぷりっぷりの身は、ふだん食べているエビフライとは食感が抜群に違います!


未知との遭遇。注目度120%簡単メニュー!“塩釜焼き”

アウトドア好きのお父さんがいる方は、「塩釜焼き」をねだってみては。

作り方はとってもシンプル。
(1)アルミホイルを広げ、塩と卵白を混ぜたものを引きます。
(2)ウチワエビを乗せる
(3)後は同じように頭から胴体までペタペタと塩をかぶせたら準備完了。

塩釜焼き

塩釜の中に昆布を挟む人もいますが、味の決め手は「塩」なので、できればミネラルたっぷりの天然塩などに拘りたい。
私は炭火でじっくりと、スローな時間を楽しむのが好きですが、180度のオーブンで1時間ほったらかしても出来ます。
原始的料理ですが、金槌で割った瞬間の何とも言えない甘いエビの香り、身体にしみ込んだいい塩梅の塩加減、塩釜で固めてあるから殻の中に全てのこるジューシーなエビの旨味。豪快に胴体をもぎ取って召し上がってください。刺身やフライと全く違う、ウチワエビのおすすめ料理です。

石見の自然
石見のグルメ
石見のイベント
石見の温泉
石見の歴史

[`evernote` not found]

コメントをお寄せください

ピックアップコンテンツ

破線


▲このページのTOPへ
<